Neosold.

発達障害当事者・現アラサー
東北で10年ほど不登校ヒキニートなどを経た後、パート→フルタイムの仕事に復帰。
しかし向いてないことに悩んだ末、関東に引っ越して所属コミュニティを増やす方向性へ。

【趣味嗜好】
作曲活動(DTM・ピアノ即興演奏など)
風景写真/長文ブログ/飲み食い

記事一覧(26)

軽度発達障害だけど、環境を変えます。【埼玉観光①】

いろいろありましたが、引っ越すことになりました。諸事情にて前フリを一切書いていないので、いきなりに見えるかもしれませんが引っ越しのこと自体はたぶん2014年ぐらいから考え始めてはいました。もちろんその頃はまだ「漠然とした夢」みたいな感じだったし、そもそも「ひとりで」という前提ではありませんでしたが。少し前に某掲示板で個別メッセージをくださった とある方に、恋愛関係が前面にあるものと誤解されていたようですが、実のところ少々建前です(2~3年前は完全事実だったのだが)。たいした理由もないのに飛ぶというのはおかしいのでもっともらしいと思える項目を使っていますが、関東を選ぶ動機は他にもあります。発達系の就労や困り事について、相談や治療できる施設が地元より多い・近い自助会や生活改善のセミナー・イベントなどが地元より多い・近い同人音楽関係のイベや飲みに参加しやすくなる、日帰りが可能←不純車を持たなくてもいい(勤め先によるかもしれんが…)「そろそろ結婚コール」をこれ以上食らいたくない(今後も言われないとは限らんが…)同居で荷物の多い実家よりかは家事代行とかも頼みやすそうそれでいて都心と少し離れる理由は、同等の家賃でも質が違ってくる彼氏とくっつきすぎも性分に合わない気がするので、ほどほどの距離を持ちたい完結に乱暴な言い方してしまえばできる限りやりたいことをやりたいというだけのことですな…なんと破綻しそうな発想。ただし自由がきくのは、有給が降りている間と、失業保険が降りてる間ぐらいと思うので仕事が始まればまた1日8~10時間拘束で、日程合わせるのが難しくなるとは思うものの…(いやそもそもフルタイムで取ってもらえるのか?ダブル必至か?)それでも、以前なら「3連休取らないと来れない」「来るのに膨大な金と時間が」ってなっていたのが、1日さえ休日があれば動ける距離感になるのでやっぱりそれは大きいかなと考えることにしました。実際そこまでスイスイうまくいくとは到底思えていないけれど。(というのは、いろんな人と既に疎遠になってしまってるので 当時の知人の中でまだ私の行動に興味のある人は、もはやおらんだろうという。)今回、「先立つもの」と「どうしても住みたい物件」と、「もう現状維持の生き方をやめたい」という精神的な部分と「秋~冬なので来年度~春よりは引っ越し相場も安い」など様々な条件が自分の中で重なったので、実行に移すことにしました。詳細は別の機会に後述しますが、とりあえず先日、内覧に行ってきました。内覧は2件まわったのみでしたが、契約用の書類もほとんど持って行ったので そのまま話を進めて全部で朝11時から午後2時ぐらいまでかかりました。その後はちょうどホテルチェックインが15時だったのでホテルに入ってゆっくりして、夕飯。内覧後は普通に観光モード(といってもほぼ雨でしたが)。肉&ワインの店が夕飯の第一希望でしたが、歩いていくのが意外と遠く、暗くなった後の治安も良くはなさそうだったので近くの中華料理店へ進路変更。

おひとりさま函館いってきました【0】

2連休以上の休みが発生すると、なんとなく予定立てずにはいられない病の人ですが、「どうやって目的地決めるの?いつ決めるの?」みたいなことをリアルに問われてあんまうまく説明できなかったので、ここで書いてみる。【おひとりさまで普段どうやって目的地決めるのか?】まずスマホかPCでグーグルマップを開いて日本地図を出す。なるべく全貌。休みの日取り(2連休なら一泊二日ぐらい)によって行けそうな範囲を絞る。絞った県を少しずつ拡大していき、そっから気になるところをクリックしたりする。特に見るのは「主要駅前」で、駅前に面白そうな建物や観光物、うまそうな食い物屋などがあれば、候補に入れていく。営業時間や定休日まで出ることが多いのでそれらもチェックしておく。交通の便が整っているかどうかもポイントが高い。ICカードが使えるとか、電車・路面電車・バスなどが数分間隔で来てるとかです。次にするのは、そのへんから泊まりたいと思えるホテルに目星をつける。いちいちクリックして外観や内観、評価や値段などを見ている。(会員登録済みのホテルがあれば早いのだが)候補に入れた場所の、実際の交通の便を調べる。バス、新幹線、飛行機、フェリー、かかる値段と時間などを比較して妥当そうなやつに決める。目的県に行くときのだけではなく、着いてからのローカル線も調べて、どこをどんな順番で見て回るか等もここで決めてしまう。アカウントがあれば、グーグルマップ内の気になる場所に印を付けておけるので、PCとスマホで目印を共有(同期)しておく。これらを踏まえた交通費と宿泊費、食費や遊び賃までをおおまかに出す。ここまで来てしまったら、もはや引き返す気持ちが消えてしまうので実際にプランとして決行するわけです。でも、7番目の項目ぐらいまでは、特に用がなくてもたまーに趣味でやっちゃう感がある。かなり時間を取るもんなんですがこれが。マップと各種サイトをにらめっこしてるだけで、3~4時間は余裕で掛かる。でもその3~4時間の間は、脳みそがずっと興奮する感じなのでやめられない。意外と、「有名どころだから」とか「雑誌に書いてあったから」とかいうのがまったく一切関係ない動機でぶっ飛んでることが多いかもしれない。函館行くとき最初に思ったのが、アプリで気温見て「涼しそうだから」だし。とまぁグーグルマップ1本でも情報量が多いので、使い倒せば計画立てられるこった。とまぁ、函館。(あさイチで撮り忘れたので夕方。(

見つからなかった。

先日、某アーティストのコンサートへ行って参りました。(撮影はできないので代役は昼飯のじゃじゃ麺です。)帰ってきたの夜22時半)次の日出勤だよ?しかも、学校などが関与せずプライベートで見に行ったのは完全にあれが初めてでした。なのに、ひとりで。いきなり、クラシック系。まず服装で悩んだ。ググってみると「フォーマルっぽいカジュアルがよい」という微妙なニュアンスが書いてあり、そういう服には心当たりがあったので、そこはクリア。だが当日、「スニーカーしかねえよ。葬式みたいにキメてるのに紐ついてるよ」と紐のないタイプの黒い靴を近所で3500円ほどで購入。(後になって知るに、ここまでする必要は全然なかった。)まぁでもちょっと勉強になった。服装なんかよりも、現場でカタログとかを渡される前提でA4サイズが入るような手提げカバン・クリアファイルなどを持つほうが重要です。普段の財布や小物だけを入れてるような小さいバッグでは貰った紙類や現場で買ったCDなどが入れられず、帰りまでにぐちゃぐちゃになる。百均ので十分だと思うので持っておきましょう。。。さて、この先はちょっと、誤解されそうな内容も出るかもしれないので誰の演奏を見に行ったかの名詞は一応伏せることにします。プログラムやアーティストそのものをdisる意図はありませんのでここから先を読む人は冷静にお願いします。ホールの構造がややよろしくなかったんじゃないかな、とは思ったものの(たぶん演劇までが限界なのかなぁ)演奏そのものは繊細さも迫力も奥行きも目の前で感じることができ、目を閉じて聴けば様々な風景が脳裏に流れてくるような、率直に素晴らしいものでありました。その点においてはチケットを買ったことも電車で1時間かけて行ったことにも後悔は全くない。ただ、自分的にはもうひとつの目的というか不純な動機がありましてね。。。。うん。ほら、よく聞くじゃないっすか「若い頃に〇〇の演劇を見て、感銘を受けて、気づいたらそっちの道を目指していた」みたいなの。そうなることをちょっと期待してた、んですよ。自分自身に対してね。思い出すんじゃないかなって。「あ、やっぱり自分音楽やりたいわ、ここしかないんだわ」って「いまの不甲斐ない仕事ぶりを蹴り飛ばしてこっちに戻るべきだわ」ってそういう情熱的で向こう見ずな気持ちになってほしかったんだよね。自分自身に対してね。(しろめだからチケット代の半分は、確かに好きなアーティストや各種運行スタッフに渡したものだけれど、半分は自分に投資したつもりバリバリだった。ただ結果としては、そういうフィーリングには、ならなかった。席は2階の中央あたりでおそらく完璧だったはずなのでホールの響きがダメだったのかな説も心の片隅には残っているもののとにかくそういうフィーリングには、ならなかったんだよなぁ。。。。)違うんだろうかなぁ、やっぱり。そもそもM3に初めて行ったときでさえ、自分の作品をいつかここに並べるんだ!みたいな意気込みは感じなかった。いや元々意気込むようなタイプじゃないけども。聴く側で終わるのがいいところか。50代過ぎてからアレやコレやと、先立つものもなしに美しい夢を語るオカンにおまえ高校生かよ?ってツッコんできた後ろ暗い人格の人間のはずだけどいざ自分も仕事が虚しい日々が続いてみると30を間近にした今更モラトリアムみたいになってる。今一番ワクワクでアツい趣味は何かと考えたら「ひとりで適当な目的で県外見物すること」になってるしでもなんか、出費に対してあまり生産性が見込まれない。。。。)コミュが広がるわけでも将来性があるわけでも…何かこう、アイデアを探し続けております( ´△`)